お知らせ

NEWS

  • 建設現場はチームワークが欠かせないもの

    2022.05.20

    建設現場では、安全第一の作業が欠かせません。自分の安全はもちろん、現場で働く全ての職人やスタッフ、近隣の住民や通行人の安全を一番に考えた工事が日々行われています。 建設現場は命の危険がある場所です。その中で、安全を確保して作業するためには個々の意識とチームワークが欠かせません。 例えば、足場鳶の仕事では、たった一人では現場に足場を組み立てることはできません。 周囲の安全を気にしながら声かけを行い、資材を渡すタイミングやクレーンを動かすタイミング、重機を扱うスタッフへの合図など、多くの安全確認を行いながら、仲間がいかに動きやすいかを考えるなど、思いやりの心を持った作業が行われています。 このチームワークの良さは、現場の作業効率にも関わってくることでしょう。 建設業で働きたい!という想いのある方は、是非一緒に働きませんか? 大分県の大分市にある株式会社慶成建設工業では、現在、とび・土工工事業や橋梁工事業、鍛冶工事業、各種プラント工事業の現場作業スタッフの求人募集を行っております。 会社にとって人は宝であり、楽しく働ける環境作りを常に心がけている会社です。人材育成にも力を入れて...

  • 専門的な技術を習得して生かすことができるやりがいのある仕事

    2022.04.20

    どの分野の職業でも同じことがいえますが、技術力を高めたいという向上心は人を大きく成長させるきっかけとなるといわれています。 同じ建設業でも、作業のできる範囲の受け口が広い人材は、どの現場に行っても重宝される存在です。 また、建設系のお仕事は専門的な技術や資格取得によって、作業を行うことができる範囲や内容が変わるなど、安全を第一に考えるからこそ、資格保有が必要となってくる分野もあります。 業務で必要となる資格を保有している方は、作業の幅も広がり、結果的にお給料に反映されることも多い業界です。このことは、言い換えれば専門的な技術を習得して生かすことができるやりがいのある仕事ともいえます。 建築物というのは工事が終わってからその土地に長く残るものです。「あの建物や構造物は自分たちが作ったんだ!」こんな誇り高き気分を味わったり、やりがいを感じることができることは、技術のあるスタッフたちだからこそ体感できることだといえるでしょう。 大分県の大分市にある株式会社慶成建設工業では、現在、とび・土工工事業や橋梁工事業、鍛冶工事業、各種プラント工事業の現場作業スタッフの求人募集を行っております...

  • 外国人実習生 とび3級試験

    外国人実習生 とび3級試験

    2022.04.15

    2022.4.12 2019年47月に入社した外国人実習生  TRAN VAN HUNGさんが とび3級試験に挑戦! 合否はまだですが、練習も頑張っていたので きっと合格してるはず...! 他の実習生も日々頑張ってます!!

  • 幅広い建設系の技術を学べる仕事に就きませんか?

    2022.03.18

    建設系の仕事には細かく分類するとさまざまなジャンルがあります。このため、建設工事がはじまってから工事が終わるまでに、多くの業者さんや職人たちが出入りをして、安全に作業を行うことでスムーズな工事が進んでいきます。 建設現場での工事の中で、複数の作業を行うことができる建設業者やスタッフは、とても重宝される人材であることは間違いありません。 例えば、足場の組み立てなどの鳶工事や建物の解体工事、土木工事、プラント施設の設置や組み立て工事、溶接技術が求められる鍛冶工事、橋梁工事やメンテナンスなどの作業をオールマイティにこなせる建設会社は、現場で即戦力となることができます。 事業者に限らず、こういった幅広い知識や技術を生かした作業経験のあるスタッフもまた、現場で求められる人材です。 大分県の大分市にある株式会社慶成建設工業では、現在、とび・土工工事業や橋梁工事業、鍛冶工事業、各種プラント工事業の現場作業スタッフの求人募集を行っております。 幅広い建設系の技術を学べる仕事に就きませんか?多くの経験を重ねた先輩の職人の技術を見て聞いて学ぶことができるため、幅広く活躍できる人材として成長するこ...

  • 2022年 3月 2日 13:15 の記事

    2022年 3月 2日 13:15 の記事

    2022.03.02

    日差しが心地よく、日ごとに春巻いてまいりました。 さて弊社では、以前登録を受けた「エコアクション21」の活動にて、 解体工事業の登録も完了致しました。 これまでの環境負荷の低減活動に含め 解体現場においても資源のリサイクル等、 環境負荷の低減につとめてまいります。

  • 家屋の建設に欠かせない足場組立工事とは?

    2022.02.18

    大分を拠点に土木工事を行っている慶成建設工業です。慶成建設工業では業務の一環として、建物の建設施工に携わる仕事も行っています。 そこで必ず必要となる作業が足場組立。足場組立を行うことで、建物の建設スピードがぐっとアップしますし、作業員の安全面も確保されます。 また、2階建て以上の場合はそもそも足場組立がないと建設できません。上階、下階を行き来する際、まだ建物内にエレベーターや階段などありませんから、足場組立を経由して行き来する形になります。 そして足場組立は建設時だけでなく、補修時や解体時にも設置が必要です。例えば外壁補修が必要なら足場組立を設置して、建物の外から補修作業が必要です。 解体時は足場組立を設置後、養生シートを設置し、建物取り囲むことで、周りへの被害を最小限にとどめることができます。 このようにさまざまなケースで足場組立が必要になるため、弊社でも非常にご依頼の多い作業となっています。 現在慶成建設工業では現場で活躍していただけるスタッフを募集中です。建設現場未経験の方は、まずは足場組立を覚えていただきたいと考えています。資格がなくても携われる仕事ですので、ぜひチ...

  • 解体工事現場で活躍している油圧ショベルの特徴とは?

    2022.01.20

    九州エリアを中心に家屋の解体工事を行っている慶成建設工業です。一般住宅をはじめ、倉庫や工場、アパートなど様々な解体を行っています。ただ、基本的には小規模な家屋の解体ですので、高層ビルやマンションの解体までは行っていません。 解体現場で使用されるのは油圧ショベルです。 大小様々なものがあって、例えば道路が狭かったり、敷地面積が狭い場合は小型の油圧ショベルが導入されます。 小回りが利き、1回の解体量も少ないので近隣にご迷惑をかけることもありません。 一方工場など大きな建物を取り壊す際は大型の油圧ショベルが導入されます。油圧ショベルはサイズによってコンマヨンゴウ、コンマナナなどと呼びれます。 油圧ショベルは先端がアタッチメントになっていて、掘削型、アーム型など様々なものがあります。 近隣に住宅がある場合は廃材が飛散しないようにアーム型で廃材を掴んで解体することも多いです。 鉄骨資材などが家屋に使用されている場合はカッタータイプのアタッチメントを装着し、カットしながら解体も行えます。 油圧ショベルは環境や家屋の状態によって使い分けができるので非常に便利な重機です。弊社に所属する...

  • 寒中お見舞い

    寒中お見舞い

    2022.01.19

    寒中お見舞い申し上げます。 平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。 旧年中は、多大なるご尽力をいただき、誠にありがとうございます。2022年も、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。 本年も宜しくお願い申し上げます。                株式会社 慶成建設工業                                                            代表取締役 山﨑 慶                        社員一同

  • 年末年始のお知らせ

    年末年始のお知らせ

    2021.12.23

    早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。さて、弊社では下記の日程で年末年始休業とさせて頂きます。誠に勝手ではございますが何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。 令和3年12月29日(木)〜令和4年1月4日(火)来年も更なる発展、飛躍に向けて、より一層の努力をする所存ですので、 より一層のご支援を賜りますよう、社員一同心よりお願い申し上げます。来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げまして、 年末のご挨拶とさせて頂きます。                           代表取締役 山﨑 慶                                 社員一同

  • 橋梁工事とはどんなことを行うの?

    2021.12.20

    橋梁工事は橋を作る仕事です。ただ、橋といっても川に架かる橋や道路だけでなく、新幹線や鉄道などの乗り物に対した施工も橋梁工事に該当します。 橋梁工事は大きな段階を分けると、下記の流れで行っていきます。 ・造成・基礎杭工・支保工・橋桁架設・床版工・舗装 まずは橋を作る場所の土壌がしっかりしているか確認していきます。軟弱地盤になっていたら橋そのものが建てられませんから、必要に応じて土壌改良なども行います。 次に基礎杭工。基礎杭工とは地中に杭を打って、土台となる梁を建設する準備をする作業です。 支保工は橋を支える梁を設置していく作業です。 橋桁架設は橋の部分を鉄骨資材をつなげて建設していく作業です。これでだいぶ橋の形になってきます。 次に床版工事。床版工事は橋の床の部分を施工していく工事です。コンクリートなどを注入して道路として活用するケースが多くなります。なおそれに付随して側壁の設置なども行っていきます。 最後に舗装したら橋は完成です。最終的に標識や照明なども設置し、橋を走行する上で必要な設備を整えます。 慶成建設工業ではこういった橋梁工事に携わっています。大掛かりな工事で...

Copylight©株式会社 慶成建設工業All Rights Reserved.